ウェブマスターツールでできないが、Googleアナリティクスでできる分析

  • TOP
  • 転職コラム
  • ウェブマスターツールでできないが、Googleアナリティクスでできる分析

ウェブマスターツールでできないが、Googleアナリティクスでできる分析

Google Analyticsの得意分野は「流入後の行動分析」にあり

ウェブマスターツールはGoogleからの評価の分析が得意なツールです。つまり、多くのサイトにとって大口の流入元である検索エンジンから「いかに流入したか」を知る事が出来るツールと言えます。 一方、Google Analyticsは検索エンジン(オーガニック)、ソーシャル、リファラー、ダイレクトという全ての流入元に対する分析が可能。どのような分析が可能かを見て行きましょう。

ユーザーが流入する全てのチャンネルをカバー

Google Analyticsでは「ビュー」と呼ばれる分析対象を設定することで、分析を始めることが出来ます。 あなたの管理するウェブサイトを紐付けたビューを作り、レポートデータを蓄積していきましょう。 サイドバーのタブを選択し、「集客→すべてのトラフィック→チャネル」を閲覧すると、検索エンジン(オーガニック)、ソーシャル、リファラー、ダイレクトの4つのチャネルごとにユーザーの流入経路を見ることが出来ます。 例えばリファラーでは、リンクを経由して流入したユーザーが、どのような外部サイトから訪れたのかというデータを閲覧できます。 このように、守備範囲の広い分析が可能であることが、Google Analyticsの特徴です。

離脱、回遊などユーザーの行動を詳細に分析

さらに、「行動」タブではユーザーがサイト内をどのように移動し、どのコンテンツを見ていることが多いか、どのコンテンツで長時間留まっていることが多いかが分かります。「行動➡行動フロー➡サイト コンテンツ➡すべてのページ」を閲覧することで、ページ単位でのページビュー数、直帰率、離脱率、コンバージョンレート(設定時)などの情報を一覧できます。 さらに、「行動→行動フロー→サイト コンテンツ→ディレクトリ」を閲覧すれば、上記と同じ内容を、ディレクトリ単位で閲覧する事が可能であり、さまざまな粒度の分析をサポートしています。 また、さらに次元の高い分析方法も実装されています。「行動➡行動フロー」では、一つ一つのセッションのユーザーフローを蓄積したデータを閲覧することができます。 「どのページから」「どのページへ」「何人のユーザーが」移動したのか、蓄積されたデータをグラフィカルに出力してくれるため、Analytics内でも指折りに「カッコいい」画面でもあります。見た事が無い方は一度体験してみると良いでしょう。 クライアントへの受けも良いため、「コンテンツページからLPへの遷移をもっと増やしたいっすね」などとユーザーフロー改善についてリード出来るようになれば、あなたの評価も上がるはずです。