Googleアナリティクスでできないがウェブマスターツールでできる分析

  • TOP
  • 転職コラム
  • Googleアナリティクスでできないがウェブマスターツールでできる分析

Googleアナリティクスでできないがウェブマスターツールでできる分析

【実践編】ウェブマスタールーツでできること

前回のコラムにて、Google アナリティクスとウェブマスタツールの大きな違いについてまとめました。ざっくりとコンセプトの違いについて述べましたので、今回は実際にどのようなデータを取得できるのかについて書いていきます。 Google アナリティクスを中心に使っていて、「こんなデータが取れたら良いな」と思っている方は、ウェブマスターツールからその悩みが解消できるかもしれません。

Google アナリティクスでは手が届かないデータ

Google アナリティクスでは、サイトに訪れたユーザーの分析は得意なのですが、訪れる前にどのように行動していたかには弱いです。それをウェブマスターツールを用いることで補完することができます。 例えば検索キーワードの取得 どのような検索ワードでサイトに流入したかは大変重要な指標ですが、Google アナリティクスで調べると、多くのキーワードが「(not provided)」と表示されてしまい取得できません。これをウェブマスターツールでは「(not provided)」の部分のデータも取得できるのでサイト改善に大きく役立ちます。 表示回数やクリック数 あるユーザーの検索結果の一覧に表示された回数や、そこからクリックした回数を取得することが出来ます。 このデータから、検索結果は多いのにクリックされていないことが分かれば、「もう少し魅力的なタイトルにすべき」や、「meta descriptionをもう少し伝わるように書こう」といった対策が見つかります。

Google アナリティクスとウェブマスターツールの連携で最強に!

またいちいちGoogle アナリティクスとウェブマスターツールを見返していくのは大変ですが、とても便利なことにこの二つは連携することができます。 連携することでGoogle アナリティクスの画面から、前述した検索キーワードや表示回数などのデータも見ることができます。クライアントへより良い提案を行うためにも是非ものにしましょう。