Googleアナリティクスとウェブマスターツール 使い分けちゃんとできてる?

  • TOP
  • 転職コラム
  • Googleアナリティクスとウェブマスターツール 使い分けちゃんとできてる?

Googleアナリティクスとウェブマスターツール 使い分けちゃんとできてる?

サイト分析の王道 Google アナリティクスとウェブマスターツール

Google が提供しているサイト分析ツールにGoogle アナリティクスとウェブマスターツールがあります。どちらも無料とは思えないほどの分析結果を返してくれます。 Webディレクターならほとんどの方が、このGoogle アナリティクスとウェブマスターツールを使用したことがあると思いますが、その二つの違いはしっかり理解できているでしょうか? 使い分けをしていくことが大切です。

Google アナリティクスとウェブマスターツールの違い

そもそもGoogle アナリティクスとウェブマスターツールでは、データ取得に関する考え方が大きく異なります。 Google アナリティクスとは、自身のサイトを訪れたユーザーがどのような属性なのか・どのように行動しているのかなどを分析するツールです。このツールのお陰で、「ユーザーはこのページAからこのページBに移動した後、コンバージョンしたんだな」といったことや、「このサイトは今若い男性に多く見られているな」などの情報が分かります。 それに対しウェブマスターツールとは、ユーザーの分析というよりも、Google がそのサイトをどう見ているかを確認するツールと言えます。「あなたのサイトエラーが起きているよ」や「あなたのサイト今ユーザーから見つかりづらくなっているよ」といったことを教えてくれます。

両方使いこなすことが大事

上記のように二つのツールは大きくコンセプトが違います。 まずはウェブマスターツールから得られたデータを用いることで、サイトをユーザーにとって見つかりやすくし、そしてGoogle アナリティクスを用いてユーザーの行動分析を行うことで、サイト内の質を上げていく。こんなイメージでしょうか。 片方にのみ依存するのではなく双方からのアプローチによってサイトを改善していきましょう。