増加しているWebディレクターの求人 求められるスキルは変化している?

  • TOP
  • 転職コラム
  • 増加しているWebディレクターの求人 求められるスキルは変化している?

増加しているWebディレクターの求人 求められるスキルは変化している?

多種多様なwebディレクター求人

ひとくちにwebディレクターといっても、その仕事内容は様々です。たとえば広告代理店のサイトを構築する場合、基本的な技術や知識に加え、商品やサービスについての販促活動、企画立案などを求められるケースがあります。ですから広告代理店を担当するwebディレクターには、クライアントの要望に応えられるマーケティング、プロモーションなどのノウハウも必要だといえます。 近年、制作会社、新進のネットベンチャー、外資系企業などの業界において、Webディレクターの求人数が増加傾向にあります。希望する業界や職種があるなら、それぞれに適応するスキルを身に着けておくといいでしょう。

職種・業界が違えば、求められるスキルも変わる

Webディレクターの基本は「WEB制作の全体的な管理」です。クライアントのニーズを的確にヒアリングし、スタッフを集めてプロジェクトを遂行、期間内に完成させるまでの指揮・管理が最低限の仕事になります。しかし、最近は業界・業種により、サイトの内容もより多様化、専門化しています。そのためwebディレクターの職域はさらに幅広く、また求められるスキルも増えているのです。 その中でも「リサーチ能力」「データ分析能力」は、すでにWebディレクターの人も、Webディレクターを目指す人も身に着けておきたいスキル。WEBの世界は日進月歩ですから、たとえば、ある依頼で「アドテクノロジー(広告技術。ネット広告における配信技術、広告流通の技術のこと)」が必要なら、最新の情報を入手、それをきちんと把握するリサーチ能力は欠かせません。またあるベストセラーについて、「どうして人気が高いのか」などのデータを取得し、それを上手に扱える分析能力も得ておくことが大切です。

自分の目指すwebディレクター像を想定

Webディレクターを名乗るなら、刻一刻と変化するWEB業界への柔軟な対応は必然。それができるかできないかで、自分のステイタスも変わってきます。転職も踏まえて、スキルを磨いておきましょう。