最近眠りが浅いと感じた人へ! それはブルーライトが影響しているかも

  • TOP
  • 転職コラム
  • 最近眠りが浅いと感じた人へ! それはブルーライトが影響しているかも

最近眠りが浅いと感じた人へ! それはブルーライトが影響しているかも

「ブルーライト」への素朴な疑問

「寝ても疲れがとれない」「寝起きが悪い」と感じているなら、それは睡眠が浅いせいかも知れません。原因は「仕事が忙しいから」とか「年齢のせい」だと考えがちですが、実は「ブルーライト」の影響があることをご存じですか? ブルーライトとは、紫外線に近い強いエネルギーを持つ青い光です。波長は380~500nm(ナノメートル)。可視光線(ヒトが目で見ることのできる光)の中でも、最も波長が短く、角膜や水晶体で吸収されることなく網膜まで達します。 この光は省エネ化で普及が進んだLED照明をはじめ、パソコンやスマートフォン、液晶テレビ、携帯ゲームなど多くのデジタル機器から発せられ、特にデジタルディスプレイのブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけるといわれています。

放置していると怖い「ブルーライト」の影響

長時間ブルーライトを見続けると、人体に様ざまな影響を及ぼします。

疲れ目

ブルーライトのまぶしさやちらつきは、目を酷使します。そのため「疲れ目」と呼ばれる眼精疲労、目の痛みを起こしやすくなります。特に、網膜の「黄斑」がダメージを受けると「加齢黄斑変性」を発症。この病気は進行すると失明するので注意が必要です。

体内時計の狂い

ブルーライトは太陽光にも含まれているため、 夜遅くまでディスプレイを見ていると、「いつまでも昼間の状態が続いている」と判断し、 睡眠を司るホルモン(メラトニン)の分泌が抑制されます。 これによりブルーライトが体内時計を狂わせ、睡眠の質を落とすことになるのです。

その他の影響

自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。これらも睡眠の質を低下させる原因のひとつといえるでしょう。

ブルーライトを軽減するには

Web業界で仕事をしている限り、パソコンはもちろん、あらゆるデジタル機器とは付き合っていかなくてはなりません。目の健康を守り、快適な睡眠をとるためには下記の点に留意してください。 ・睡眠前の1~2時間は、パソコンやスマートフォン ディスプレイ画面を見ない ・1時間作業を行ったら、15分程度の休憩を取る(生労働省のガイドライン) ・作業の際には、ブルーライトをカットするPC用メガネを着用する ・ディスプレイの明るさを調整する ・ディスプレイの画面にシートやフィルムを貼る ・眼が疲れたら目薬などをさすようにする。症状がひどければ、早めに医師に相談する 身体は仕事の資本。くれぐれも無理をしないようにしましょう。