クリエイターだからこそ。深い企業研究で「御社愛」を伝える方法

募集も多いが応募者も多い。IT転職戦線をクリアするには

Web業界は、他に比較すると離職率の高い業界です。いわゆる「ブラック企業」が多いというわけではなく、「経験と技術・能力を持っていれば、会社にしがみつかなくてもフリーで働ける」「起業して一国一城の主になれる」ほか、自分のライフスタイルに合わせた労働形態が選べるというのは大きな理由といえるでしょう。 このような背景も手伝って、Web業界は多数の人材を求める状況が続いています。経験者に加え、未経験者が応募可能な職種もあることから他業種からの転職希望者も少なくありません。そのため一人当たりの応募社数は自然と増え、IT系・クリエイター系の応募社数は全業種中で最も高い水準に達しています。 求人が多いとはいえ、闇雲に履歴書を出す「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」状態では、試験や面接を突破できません。一社ごとの企業研究を綿密に、敬意を込めて志望先を「御社」と呼べる心構えが大切です。

企業研究でスキルも磨け

Web業界はクリエイティブ業種ですから、企業研究がそのまま自分のスキルを磨くことにもつながります。 ・転職希望先の技術レベルをプロダクトから推察する→求人サイトに掲載されている企業紹介や事業内容を読み込むことで、自分の「目利き力」がアップする。それが面接アピールにもなる ・プロダクトの傾向をつかむ→担当が予定されている部署、プロジェクト(それ以外においても)に対する自分の意見やアイディアを短い言葉で言い表わせるようになる ・サイト制作以外の事業をチェックする→会社全体を俯瞰してみることにより、現在の目標や今後の方針が見えてくる 上記のような視点で求人を読むことで、希望する会社、さらにはWeb業界全体の動向が見えてくることも少なくありません。また自分自身の知識蓄積にも役立ちます。

技術以外の長所もアピール

転職を成功させるには自分のスキルはもちろんですが、「適材」であることをアピールしなくてはなりません。「求められるコミュニケーション能力は足りているか」「望まれるプロジェクトの経験は十分なのか」など自分の棚卸をすることで、適材を強調することが可能になります。