Macは?androidは?PCウイルス対策ソフトの守備範囲を大調査!

「Mac」使いのウイルス対策

デザインの世界では、大半のクリエイターがMac(アップル社)を使用しています。Webディレクターもご多分に漏れず、Mac派が少なくありません。仕事に使うパソコンですから、セキュリティ対策は欠かせないところ。しかし、ウイルス対策ソフトはWindows中心の製品が主流。ですから「Macは大丈夫なの?」と思う人もいるでしょう。 その理由ですが、基本的にMacがウイルスに感染するケースは多くありません。しかし、それはMacのセキュリティが完璧だからでもないのです。というのも、パソコンの世界的な市場の9割を占めているのはWindows搭載機。ウイルス制作者・配信者にしてみれば、Mac用のウイルスを作る暇があれば、圧倒的多数であるWindowsパソコン用を作った方が金儲けになるというわけです。

Mac用おすすめのセキュリティソフト

Macに対するウイルスが少ないとはいえ、全くリスクがないとはいえません。安全に使うためにも、セキュリティソフトを導入しておくことが大切です。ただし、Mac用のソフトはWindows用に比較すると、「入れてはみてはみたものの、ファイアウォールがついてなかった」など、帯に短したすきに長しの感は否めないところがあります。 主なMac版セキュリティソフトには、「Mac Premium Bundle」「ESET Cybersecurity PRO」「ノートンインターネットセキュリティ(Mac版)」「ウイルスバスター for Mac」「カスペルスキー インターネットセキュリティ for Mac」「マカフィーインターネットセキュリティ Mac版」「F-Secure SAFE」などがあります。これらはウイルス対策に対応していますが、「ウイルスバスター for Mac」「カスペルスキー インターネットセキュリティ for Mac」にはファイアウォールがありません。また、「Mac Premium Bundle」「ESET Cybersecurity PRO」には「個人情報保護」「Webサイト安全評価」に未対応になっています。 さらに「スーパーセキュリティ ZERO」「ウイルスセキュリティ ZERO」などのように、Macに未対応のソフトもあります。ですから各ソフトの機能をチェックし、自分の用途に合った製品を選ぶようにしてください。

充実のandroid対応セキュリティソフト

最近は手軽に使えるタブレット端末が人気を集めています。特にandroidタブレットは種類豊富で利用者も増加。そのような状況に加え、スマホの普及も手伝ってか、android用セキュリティソフトは充実しており、選択の幅も広いといえます。 よく使われているのは「McAfee Mobile Security(McAfee)」「avast!Mobile Security」「Avira Free Android Security」「AVG AntiVirus Free」「ウイルスバスター モバイル」など。しかし、無料アプリは玉石混交で、役に立たないもの、逆にウイルスに感染させるものもあるため、吟味する必要があります。