今さら聞けない……仮想通貨ビットコインって一体どんなシステム?

  • TOP
  • 転職コラム
  • 今さら聞けない……仮想通貨ビットコインって一体どんなシステム?

今さら聞けない……仮想通貨ビットコインって一体どんなシステム?

名前だけは、みんな知っているビットコイン

ニュースなどで、名前だけはよく聞く「ビットコイン」。楽天Edyやnanaco、Webmoneyのような電子マネーの一種であることはわかるけど、詳しい仕組みはと問われても、なかなか答えられない人も多いのでは? たとえばネットで何かを購入するときも、支払い通貨はあくまで硬貨と紙幣が存在する「円」です。しかし、ビットコインには物理的なものは介在しません。いわゆる暗号化されたデジタル情報でしかないのです。 この辺りが、ビットコインのわかりづらさにつながっていると思われます。

ビットコインはどうやって使う?

ビットコインを簡単にいうと、「ネット上に存在する仮想通貨」といえます。現金(通貨)や他電子マネーとの大きな違いは、前者には中央銀行が、後者には発行元または管理会社が存在するということです。これに対してビットコインはネットワーク内で生み出される通貨であり、特定の人間や組織に管理されたものではなく、発行主体が存在しません。利用はネット内だけでなく、購入・飲食代金を決済できるリアル店舗も複数あります。 ビットコインの仕組みは2009年、日本人の中本哲史(Satoshi Nakamoto)氏によって作られたといわれ、現在は数百~数千を超える仮想通貨が開発されています。通貨の発行者はネットワークの各利用者、IT技術者で、彼らお互いに管理・保証を行います。 通貨の単位は小文字で「bitcoin」または省略形の「BTC」、最少の単位は1億分の1ビットコインで「satoshi」と呼ばれています。なおビットコインは最大発行量(2100万ビットコインが最高)が決められている点も通常の電子マネーとは異なる点です。 取り引きは「Peer to Peer」を介して行われるのが特徴。「Peer to Peer」とは「P2P」とも略され、ネットワーク上のパソコンが一対一、対等の関係で通信を行う、またはその通信を提供するソフトのこと。これは「WWW」といったサービスを提供する特定のサーバーに、数多くのパソコンが接続できる通信(クライアントサーバー型)とは異なります。そのため通信負荷が軽減され、ネットワークを効率的に使用できるというメリットがあります。

ビットコインのメリットと落とし穴

ビットコインのメリットには、「配信コストが極めて小さいため、クレジットカードよりもはるかに決済コストが少額で済む」「通信を行う者同士の匿名性がある程度確保しやすい」などがあげられます。しかし、ビットコインの大手取引会社マウントゴックスが、ハッキングによって85万ビットコイン(時価総額約470億円)を失い経営破綻するなどの事件も起きています。ですから利用するには、それなりの知識をつけてからのほうがいいといえるでしょう。