流入経路を意識しよう Webマーケティングを行う時の合言葉

  • TOP
  • 転職コラム
  • 流入経路を意識しよう Webマーケティングを行う時の合言葉

流入経路を意識しよう Webマーケティングを行う時の合言葉

ユーザーはどこからサイトにやってくる?

Webサイトでマーケティングを行うには、「ユーザーがどこから入ってくるか?」=「流入経路」を知ることが重要です。流入経路とは、簡単にいうと「そのサイトを訪問したきっかけ」で、様々なルートが考えられます。主な流入経路としては、以下のようなものがあります。 ○検索エンジン:「Google」「Yahoo!」などの検索エンジンを経由しての訪問。内容以前に、SEO対策に長けたサイトがランキング上位を獲得する傾向があった。それを改善するため、現在は検索エンジン側のWeb評価が厳しくなっている。 ○SNS:「Twitter」「Facebook」をはじめとするサービスによって拡散した情報からのアクセス(SNSに連動しているまとめ記事なども一種のSNSと考えられる)。 ○その他のネットメディア:ブログ(個人のHP)のリンクや紹介記事からの流入。SNSとの違いは、ブログやHPは「情報発信」、コミュニケーションに特化したSNSには「情報拡散」の性格が強いという点。 ○広告:「Google Adwords」「Yahoo!リスティング」をはじめ、各種情報メディアへのバナー、メルマガ、SNSなどと連動した広告からのアクセス。ただし、大きな広告料が必要な場合がある。 ○直リンク:ユーザーのURL入力、URLリンクのクリックをはじめ、雑誌・新聞、各種印刷販促物(名刺・パンフレット・チラシ・DMほか)からの流入。 流入経路の基本的は検索エンジン経由で、ここからサイトを訪れるユーザーが多いといえます。サイト構築の際、内容に気をとられてしまいがちですが、入口が違えば、ユーザーの意識も異なります。流入経路を踏まえた上で、サイトの立ち上げおよび運用計画を立てることも大切だといえるでしょう

複数チャンネルの活用でユーザーをキャッチ

主な流入経路は検索エンジンですが、だからといってSEO対策だけでは片手落ちといえます。それぞれの経路には、たとえば「SNSは情報拡散には強いが、発信メディアとしては影響力が弱い」などの長所短所があります。 ですから「広告」と「LP(ランディングページ。リスティング広告を含む、広告やリンクをクリックした際の着地ページ。自然検索からは、公式サイトへ飛ぶ傾向が強い)」、「コンテンツマーケティング」と「SEO(検索エンジン最適化)」を組み合わせるなど、複数のチャンネルを複合することによって、流通経路を広げることが重要です。

事実は小説より奇なり……集客はヒアリングがカギ

「敵を知り、己を知れば、百戦して危うからず」のことわざにもあるように、マーケティングについても同じことがいえます。つまり、その市場について知りたければ、クライアントへのヒアリングを怠らず、そこから得た知識で最適なコスト配分を考え、的確な戦略を立てていくことが、Webマーケティングを行う上で重要だということです。