SEOのためのコンテンツマーケティング どの検索ワードからが正解?

良質なコンテンツがWebマーケティングのカギ

Webマーケティングにおいて、コンテンツマーケティングは非常に重要な手法です。これは質の良いコンテンツを制作・配信することで、顧客を獲得、収益につなげていこうとするもの。 たとえば検索で上位に上がったサイトであっても、内容が悪ければ、当然顧客は離れていく。それを防ぐため、Googleではパンダアップデート(低品質サイトが検索上位に表示されにくくするための、検索アルゴリズム・アップデートののこと)を実施。以後はスパムサイト等が上位から姿を消し、質の高いサイトだけが上位表示されるようになっています。

的確なキーワードを選ぶ方法とは

キーワードを選ぶ際の基本は、まず「クエリー数(検索でユーザーが入力する単語、または複数語)」と「競合度(競合性とも。あるキーワードに対し、Google Adwordsの広告主がどの程度競い合っているかを示す。競合性が高い=多くの広告主が競い合っているという意味)」でしょう。広告を出すなら「推奨入札単価(Googleで広告を掲載するための入札額)」のチェックが必要です。なお、これらの情報は、全てGoogle adwordsから無料で入手できます。 また、「ビッグワード(大多数が検索するであろうキーワード)」は上位表示が難しいです。そのため、ビッグワードだけでなく「ミドルワード」「スモールワード」の中で自社サービスと関連性の高いものを洗い出して攻めるのが王道。もしくはビッグワードに「テールワード」を加えて絞り込んでいくのが結果の出やすい方法とされています。カフェというキーワードに、「渋谷」や「オーガニック」などの言葉を加えて検索した時に、上位表示されやすいコンテンツを作るということです。その際には、「カフェ」と「渋谷」、「カフェ」と「オーガニック」をそのままの語順で、出来るだけ近づけて配置するとよいとされています。

実際のサイトを検証する

コンテンツマーケティングの仕上げは、やはり検索上位のサイトを実際に閲覧してみることです。「上位にランクインしている理由は何か。内容なのか、見せ方なのか」などの点を検証することによって、成功しているサイトのどのようなものかがわかってくるでしょう。また、ページランク(Googleが開発した各Webページの重要度の指数)も測っておくことです。 これらをもとに、良質かつ検索ランク上位のサイト構築を目指したいものです。