村田 崇さん転職インタビュー

村田 崇さん転職インタビュー

1.なぜ、転職を決意したのでしょうか?

32歳の転職だったのですが、年齢的に少し遅いんじゃないかと思っていました。 ただ、当時の職場が数年いても成長できそうもない環境だったので、思い切って活動を開始しました。 これまで求人広告の制作と、前職のプロダクションのコピーライティング・プランニングをやってたんですけど、 この2つが掛け合わさったような仕事があったらいいなあと思ってました。 それを次のステップにしたいなあと。 年齢とともにくる、「なんか気楽に転職したいな」、「仕事変えたいな」とか簡単なものではなく。 前職(紙中心の制作プロダクション)にいた時そろそろWebもやらなきゃと思ってて、 Web事業部立ち上げたにも、うまくいかず、イロハも知らない、スキルつけられる環境でもない。 思い切ってそっち(Web)の業界にいくべきかなと思いました。 そんな時に出会ったのがディップ株式会社でした。

2.アールストーンに頼んで良かったことはどんなことですか?

「何がやりたいかわかんない」って状態で相談しに行ったんですけど、 こんなの向いてるんじゃない?っていろいろ提案してくれたこと。 「これがしたいんです!」って具体的なものをもたずにいっても、 自分で考えもしなかった選択肢が出てきたり、導かれたり。 だから、「面白かった」。 あとは絞り込むスピード感の速さ、見定め方。 20代後半の時に1回他のエージェントに行ったことがあるんです。 そこでは「何がやりたいの?」ってすごい突っ込まれた 「それわかってたらさあ、、(それがわからないから来てるんじゃん)」と思った。 そのエージェントからは、この人ノルマあるんだな、と感じてしまった。 アールストーンはごり押しじゃなかった。 あと、面談遅い時間しかできないって言ったら、 そこに合わせて職場近くまできて話聞いてくれたこと。

3.アールストーンに頼んで良くなかったこと

良くも悪くもですが、 最初はやりたいことと若干離れているようなところの面接に行くこともあった。 あえての提案だったのかもしれないけど。 でも自分は興味がなかった企業もいってみて いろんな企業の高い意識とかを聞く中で、やる気が出てきたし 比較対象としていろいろ見られたのは、結果的にはよかったなと。 中には自分のスキルあってないところやレベル高すぎない? みたいなところに行くこともあったけど、 普段みない環境、意識高くおくようなきっかけにはなった。

4.転職で迷っている方へのメッセージ

「やりたいこと」は無理に決めない方がいいのかなと思う。 やってきたことがあって、次のステージに行きたいという気持ちがあれば、 エージェントに相談しに行けばいいんじゃない。 自分は転職のアマチュアなので、答えがでない。 プロと話をしにいくって、世界も広がるし、いいことだと思う。 それが転職活動のスタートにはならないかもしれないけど。 相談したら転職しなきゃ、って思わなくていい。 自分がいる環境の不満を言葉にできれば、そこから転職に繋がることもあり。 今回は面接を数社伺う中で現職を知り、行きたい会社とやりたいことが見つかりました。 実践あるのみだなと感じます。