株式会社PAM/藤井渉さんインタビュー

1.会社の強み・アピールポイントを教えてください。

私はメディア事業部を統括しています。業界知識が豊富でWebナレッジが高い点が強みだと思います。それは自社ポータルを運営しているからこそ、だと思います。自社で解析ができて、施策まで打てる、という部分が一番の強みです。Webナレッジというのは、豊富な集客施策、引き出しがある、リスティングやDSPやSEOなどの施策を駆使して、CVRを上げる改善施策に豊富な引き出しを持っていると思いますね。

2.欲しい人物像についてお聞かせください。

スキル以上に、スタンスがある人が良いと思っています。スタンスがあるという事は、一番極端な例は、「できない」とは言わない人です。そこに無理難題が来ても、それだとできないですけど、こうだったらどうでしょうか、という代替案が出せると良いです。

3.給与や昇降給について教えてください。

何が評価されるのか、だと思いますが、如何に問題を自分らしくクリエイティブに解決したか、はよく見ています。諦めない、というスタンス面も評価対象になります。 定量面でいうと、納期をずらさない、成果が具体的に出ている、という部分、所謂コンバージョンの部分、お問い合わせ数や資料請求数、その結果を設計されたのであれば、それも定性と共に、評価の対象となっています。

4.職場環境のこだわりを教えてください。

お互いが信頼し合えるようにしたいので、褒め合うというか、良い所を見るような環境作りを意識していますね。その為に、週に1回「承認の輪」というものをやっています。〇〇さんと働けてよかった、その理由を言う事で関係性の質を上げる取り組みをしています。あとは勉強会をその分野に一番人間が講演して、マルバツゲーム形式にしたりしています。一番点数が悪かった人がゴミ当番です(笑)

5.求職者へのメッセージをお願いします。

凄くマニアックな人にお薦めなんですよね。オタク求む、という感じです。数字みて、イヤーよかった!次これやってみよう!という、メディアの数字に凄くこだわりたい人、には良い環境だと思います。 成果を求めたい!というオタクな方には来てほしいという感じですね。” 株式会社PAM/メディア事業部/藤井渉