2019年Ver.40代エンジニアのリアルな転職市場  

2019年Ver.40代エンジニアのリアルな転職市場  

 

一般的に転職に対してはあまりよいイメージを持たない人も多く、年齢によっては転職を志しても非常に不利な立場に立たされてしまうこともあるでしょう。一方で、職種によってはある程度のキャリアを積んでからの転職が成功しやすいこともあります。

 

そのため、必ずしも「年を取っているから」という理由だけで転職を諦めるべきではありません。今回は転職を志す方も多いエンジニア業界において、40代で転職をする際に知っておきたい情報について解説します。

 

一般的に40代の転職はなぜ難しいと言われるのか?

一般的な感覚としては、転職は若いほうが成功しやすいと考えられています。実際、20代よりも30代のほうが転職では不利になることが多く、40代となるとさらに不利な立場に立たされる可能性が高くなることは否めないでしょう。エンジニアに限らず40代の転職が難しくなる理由としては、主に以下の3点が挙げられます。

 

・20代、30代との競争で不利な立場に立たされてしまう

転職をするなら若いうちにしておいたほうがよいという考え方は根強く、転職市場には20代や30代の若い転職希望者が多くいるのが特徴です。また、転職市場において新たな人材を確保しようとする企業も、伸びしろのある若い人材を欲する傾向があります。

 

このことから、40代の転職希望者は若い人材を欲する多くの企業にとって、20代や30代の転職希望者に比べると欠点があると認識されがちです。そのため、必然的にそれらの若い転職希望者との競争においても、不利な立場に立たされてしまうことが多くなります。

 

・忍耐力がないと思われることが多い

特に複数回の転職を経験している40代の方の場合、そのことを理由に忍耐力がないというレッテルを張られてしまうこともあります。また、40代で転職を志す人は少数派であることから、それだけで同じ仕事を忍耐強く続けることのできない人だと思われてしまうこともあるかも知れません。

 

したがって、40代の転職では長く仕事を続けてもらえないかもしれないという企業側の懸念が不採用という結果を招きやすくなります。

 

・前職の経験などからプライドが高いと思われてしまう

40代までエンジニア職に携わってきた人の場合、豊富な経験を持っていることが長所となる可能性もあります。しかしながら、豊富な経験はしばしばプライドを生み出すことから、さまざまな経験をしてきたことをアピールすることが、かえって逆効果になってしまう危険性があることも覚えておかなければなりません。

 

以上のことから、特に面接で自身の経験をアピールする際には、経歴を誇示するような発言を慎むことも大切です。

 

2019年における40代の「エンジニア」の転職市場、求人は多い?年収は?

エンジニアという職種は、他の職種に比べると40代までを募集範囲としている傾向が強いのが特徴です。このことにはエンジニアを必要とする企業が多い一方で、業界全体として人材不足が顕著になりつつあることが大きく関係しています。

 

以上のことから、エンジニアを必要とする幅広い業界において、40代向けの求人は20代や30代を対象としたものに比べると少ないですが、他の業種に比べると安定した数があるといえます。また、少子化やIT業界を敬遠する若者の増加などから、むしろ基礎がしっかりとしている40代のエンジニアを求めている企業すら存在するという点は特筆すべきポイントです。

 

一方、エンジニアは多種多様な企業が必要としており、企業の事業内容によって年収には大きな幅があります。また、単にエンジニアといっても「Webエンジニア」「ネットワークエンジニア」などのようにさまざまな職種へ細分化できるのが特徴です。そのため、どのような業務を担うかによっても年収は大きく変化します。

 

したがって、2019年現在の40代エンジニアの年収は400万~800万円程度までと非常に幅が広く、40代エンジニアの転職も十分に可能でしょう。

 

 

40代のエンジニアに求められるスキル

40代エンジニアの転職では、どのようなスキルが求められるのかを理解することが重要です。このことをよく理解できれば、20代や30代のエンジニアとの違いだけでなく、転職における自身の強みを知ることもできます。

 

・プログラミング技術

40代でのエンジニアとしての転職では、エンジニアとしてある程度の経験を積んでいることが不可欠です。このことは、基礎的なものだけでなく実践的なものも含めたプログラミング技術が40代のエンジニアとしての転職で求められるといい換えることもできます。

 

一方、エンジニアの仕事では常に新しい言語の習得などを図りながら、業界全体の変化に対応していくことも重要です。40代のエンジニアが働き始めたころに習得した技術は一昔前の技術となっていることも考えられます。そのため、新たなプログラミング技術を身につけるためのスキルを有していることも、40代エンジニアの転職では求められるのが特徴です。

 

・マネジメント能力

40代のエンジニアに対しては、ある程度仕事に慣れてきたら、他の若いエンジニアをまとめ上げるような業務も任せたいと考えている企業が多いことが考えられます。よって、プログラミング技術だけでなく、チーム全体をまとめるマネジメント能力も転職を希望する40代エンジニアには求められているのです。

 

実際、40代エンジニアとしての転職を成功させた方のなかには、前職でマネジメント業務に携わった経験が多かった方が多いです。さらに上流の仕事を任される経験が多かったため、下流のエンジニアをまとめ上げることに長けている方などが多い傾向があります。また、このようなスキルを持ったエンジニアは多種多様な企業で求められており、採用例も多いです。

 

40代の転職においてマイナスポイントになり得ること、乗り越え方

40代エンジニアの転職では、マイナスポイントになりやすい点を把握することで困難な局面も乗り越えやすいでしょう。企業側が40代エンジニアの採用を検討する際に、マイナスポイントになりやすい特徴としては以下の4点が挙げられます。

 

・転職回数が多すぎる

多くの場合、転職回数は多すぎるほど悪いイメージを持たれがちです。このことはエンジニアの転職でも同様であり、転職回数の少ない人でも将来のことを考えながら転職先を探すようにしましょう。

 

・希望給与面で折り合わない

現在の職場での給与面の待遇に不満を感じたことが、転職を志した理由である方も多いかもしれません。しかしながら、転職先でも自分の希望するような給与がもらえるとは限りません。希望給与面での折り合いがつかないことも、企業側から見た場合のマイナスポイントになる可能性が高いでしょう。

 

・さまざまな作業に対応するための柔軟性が足りていない

エンジニアが行う作業にはさまざまなものがあり、同じ作業であっても、その会社特有のスタイルがあることが少なくありません。ワンパターンなやり方に慣れてしまったエンジニアは、転職先の会社のスタイルに対応するための柔軟性が欠けていることもあるため、企業側は採用するリスクとして捉えることも少なくないようです。

 

従って、長年にわたって染みついた癖が強く、柔軟性の低い40代のエンジニアもまた、転職に失敗してしまう危険性が高いといえそうです。

 

・スキルアップ志向が低い

40代はただでさえスキルアップの伸びしろが20代や30代に比べると少なく、採用する企業側にとってこの点は、40代のエンジニアを採用することに伴うリスクといえます。このような40代だからこその短所を埋めるために、本人に高いスキルアップ志向があることが求められているのが特徴です。逆にスキルアップ志向が低い人材はリスクも大きくなるため、企業側も採用を敬遠しがちになります。

 

まとめ

エンジニアとしての40代での転職は、他の職種における40代での転職に比べるとハードルは若干低いといえます。しかしながら、エンジニアの採用を検討している企業が40代も募集範囲に指定している理由を把握できないと、転職活動においては自分の強みをうまくアピールすることも困難となってしまうでしょう。

また、40代エンジニアの転職では、エンジニアを必要とする業界ならではの転職事情をよく理解し、一般的な転職事情との違いを知っておくことも大切です。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

エンジニア専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+