WEB業界クリエイターの転職準備、志望理由からポートフォリオ作成まで

  • TOP
  • 転職コラム
  • WEB業界クリエイターの転職準備、志望理由からポートフォリオ作成まで

WEB業界クリエイターの転職準備、志望理由からポートフォリオ作成まで

WEB業界は職種や仕事の幅が広く、それだけクリエイターとしては選択肢が多い分野といえます。そういう分野だからこそ、キャリアアップやさらなる活躍の場を目指して、転職を希望するクリエイターも多いです。

今回は、こうしたWEB業界でクリエイターとして転職を目指す際の「転職準備のポイント」「効果的な志望理由の伝え方」「ポートフォリオの作り方」について解説していきます。

 

そもそもWEB業界とは?IT業界とは違う・・・?

 

WEB業界とIT業界を一緒くたにする人もいますが、これは間違いです。まず、WEBとITの違いをしっかりと把握しておきましょう。

 

ITとWEBの違い

ITとは「Information Technology」の略であり、日本語に訳すと「情報技術」です。IT業界という言葉を使うとき、インターネットも含めた情報処理技術を駆使してインフラやシステムを構築する業界という意味になります。このIT業界のなかには、インターネットだけでなく、情報処理サービス、ハードウェア、ソフトウェアといったさまざまな分野が含まれます。

一方、WEB業界とはインターネットのWEBを使ったビジネスのことを指します。ECサイトや動画配信サイト、SNSなどがその典型ですが、商品販売・サービスの提供・集客・広告をWEBだけで行うのがWEB業界の大きな特徴です。WEBの制作には情報技術が必要なので、WEB業界はIT業界の一分野といってもいいでしょう。

 

WEB業界は誰に向けたサービスか

「サービスの提供にWEBを使用する」のがWEB業界の最大の特徴です。そして、このサービスの提供の対象は主に個人(消費者)と法人(企業)に分けられます。ECサイト・ブログ・SNSなどは個人向けのサービスであり、ホームページ制作・ネット広告の制作・SEO対策などは法人向けのサービスです。

 

WEB業界の主なビジネスモデル

WEB業界のビジネスモデルは多彩ですが、大別すると、企業などからWEBサービスに関する依頼を受けて制作のみを行う「受託企業」と、受託案件も行い、自社でWEBサービスを保有している「自社サービス保有企業」があります。自社サービスの主なものとしては、以下の4つが挙げられます。

 

・広告モデル

制作したWEBサイト内に広告スペースを設け、そのスペースを販売することで収益を上げるビジネスモデルです。当然そのWEBサイトへのアクセス数が多ければ多いほど、広告媒体としての価値も上がります。

 

・ECサイトモデル

WEBで商品を販売し、購入者や出店者から手数料を得て収益を上げるビジネスモデルです。楽天やAmazonなどが代表的な例として挙げられます。

 

・アフィリエイトモデル

制作したWEBサイトに商品・サービスの広告を設置し、サイトの閲覧者がその広告をクリックして実際に商品を購入した場合に、その対価として広告主から手数料を得るビジネスモデルです。

 

・定額課金型モデル

特定のコンテンツを利用する際に有料にするビジネスモデルです。例えば、ニュースサイトでの有料記事や、より質の高いサービスを利用するためのプレミアム会員制度などの有料サービスが挙げられます。

 

さぁ、いざ転職準備。何から始めよう

 

続いては、転職準備で重要になるポイントについて解説していきます。

 

・転職の理由を明確にする

「なぜ今の仕事を辞めて、新しい職に就きたいのか」。この点をまず明確にすることが大切です。収入を増やしたい、クリエイターとしてキャリアアップしたい、労働環境を変えてストレスなく仕事をしたいなど、人によって理由はさまざまです。理由を明確にし、優先順位を決めておくと、理想となる会社や職種とのマッチ度が浮き彫りにできます。

 

・クリエイターとしての自己分析

転職理由を明確にすることと内容が少し重なりますが、「クリエイターとして自分は何をしたいのか」「自分が本当に作りたいものは何なのか」ということを自身に問いかけ、自己分析することも大切なポイントです。なぜなら、同じクリエイター職でも自分のやりたいことを仕事にできなければ、仕事への満足感や気持ちの充実感が得られないからです。

「クリエイターとして自分がしたいことは何なのか」ということを明確にしておくことは、仕事における充実したクリエイティブライフを実現するためにも重要なことです。

 

・必要書類とポートフォリオの作成

WEB業界に限らず、転職の際は履歴書・職務経歴書の作成が必須です。また、クリエイター職ではポートフォリオの作成が非常に重要な要素になります。ポートフォリオとは、これまでの自身のクリエイターとしての制作実績をまとめたもので、選考の際の評価に大きな影響を与えます。過去のすべての制作物や実績を洗い出し、「自分の何をアピールすれば良い評価が得られそうか」ということを考えたうえで、質の高いポートフォリオを作っていきましょう。

 

重要なことは、自身が仕事を通してやりたいことを明確にし、そのうえで志望理由をまとめ、適切なポートフォリオを作成することだといえるでしょう。以降では、志望理由やポートフォリオ作成のコツを解説します。

 

志望理由の伝え方

 

上述した通り、自身がやりたいことを明確にしなければ、理想とマッチする企業へ最大限に自分をアピールすることは難しいでしょう。それを踏まえ、ここからはクリエイターとして企業に志望理由を伝える際に注意すべきポイントをご紹介します。

 

・憧れだけを全面に出さないこと

「自分はこんな仕事をして活躍したい」「この会社の有名クリエイターのようになりたい」といった憧ればかりを強調するのはNGです。というのも、企業が求める人材とは「自社に貢献してくれる人物」「自社の即戦力となる人物」なので、憧ればかりを語る人物に対しては高い評価を与えないことが多いようです。

会社側は自社にとって役立つ人材を求めているわけですから、憧れではなく「自分にはどんな能力があり、その能力を会社でどのように活かせるか」を強くアピールすることが大切です。

 

・なぜその会社を選んだのか

WEB関連の会社は国内に数多くあります。WBBデザイナー、WEBクリエイター、WEBディレクターなど、呼び方はさまざまですが「クリエイティブを仕事とすること」には変わりなく、どの会社でもこなすべき仕事はさほど変わりません。そのなかで、「同じWEB関連の会社が多くあるなかで、なぜその会社を選択したのか」ということを明確に伝えられるようにすると、人物としての評価も高まります。

「他社とは違い、この会社であれば自分の能力をより活かせると思ったから」「この会社には他社にはない盛り上がりを感じた」など、他社との差別化を図ってアピールしていきましょう。

 

・やりたいこと、できること、やらなければならないこと

上記を踏まえて、効果的な志望理由を考えるのに「Will-Can-Must」のフレームワークを用いるのがおすすめです。

Will = やりたいこと
Can = できること
Must = やらなければならないこと

クリエイターとして何がしたいのか。どんな人物になりたいか。こうしたことを考えるのは転職において最も基本的なことです。そのうえで、自分は何ができるのか、どんな能力(スキル)を持っているかを明確にし、志望理由の際に答えられるようにしておくことが大切です。

しかし、会社で働くということは、自分のしたいことだけができるということではありません。たとえやりたくなくても、自分の持っているスキルとは関係のない業務であっても、会社からの指示で「やらなければならないこと」が発生します。そこで、志望理由を説明する際は「会社から求められる業務は、どんなものでもしっかりと応えられるようにしたい」ということを伝えましょう。

クリエイターとはいえ100%完全に自分のしたい仕事だけをできるというわけではないので、「やりたいこと」だけにこだわらず、柔軟な姿勢を見せることが大切です。そうすれば、会社側からの評価につながり、採用の可能性は高まるはずです。

 

 

クリエイターの転職に欠かせないポートフォリオの作り方

 

クリエイターの転職において、履歴書や職務経歴書はもちろん、ポートフォリオの良し悪しもその人物の評価を大きく左右します。そこで、ポートフォリオの作り方の基本と、上手く見せるためのコツをご紹介します。

 

・自己紹介

ポートフォリオの冒頭のページには、クリエイターとしてのプロフィールを記載します。氏名、年齢、生年月日、学歴、職歴、受賞歴、使用ソフトなどのほか、挨拶文としてクリエイティブにおける自身の信念やこだわり、アピールポイントを簡単に載せるとよいでしょう。

 

・作品の選定

どの作品を見てもらいたいか、自分の強みが伝わる作品はどれか、といったことを踏まえてポートフォリオに載せる作品を選定します。1ページに1作品紹介するのが基本のようです。ページ数は15~20ページくらいを目安にしましょう。ページが多すぎると、面接担当者の負担になります。

1作品ごとに説明文(ディスクリプション)を添えるのは必須です。作品のビジュアル(画像)と一緒に、作品タイトル、クライアント名、制作年月日、制作期間、使用ソフト、作品のコンセプト、プロジェクトの担当ポジション、成果(反響)などを記します。

 

・紙とWEBの両方のポートフォリオを作る

WEB系のクリエイターであれば、ポートフォリオをWEBで作ってしまう人も多いです。しかし、企業によっては紙のポートフォリオの提出を求めるケースもあります。また、面接会場にネット環境がない場合は見てもらえません。よって、どんな状況でも確実にポートフォリオを見せられるように、紙のポートフォリオも用意しておくのがベストです。

 

・どのソフトを使って作成するか

WEBに精通している人ならば、WEBでのポートフォリオの作成は難しくないでしょう。紙のポートフォリオを作る場合、画像(ビジュアル)と説明文を載せることができれば、どんなソフトを使っても構いません。Word、PowerPoint、Photoshopなど、自分が使いやすいもの、作りやすいものを選んでください。

ソフトを使ってポートフォリオを作成したらプリントアウトし、クリアファイルなどにまとめておきます。グラフィックデザイナーやイラストレーターなどWEBに詳しくないクリエイターの場合、紙のポートフォリオ以外にWEBからダウンロードできるデジタルデータ(PDFなど)を用意しておくとよいでしょう。

 

まとめ

 

WEB業界で転職を上手く進めるためには、クリエイターとしての自身の魅力を伝えるだけでなく、いかに会社にとって役に立つ人物であるかも併せてアピールする必要があります。クリエイターとしての自己を主張しすぎると、「この人物は憧れや志が高いだけで、会社の戦力にはならない」と判断されることも多いです。

アピールできるところはしっかりとアピールし、採用されるために妥協すべきところは妥協し、より柔軟な姿勢で臨むことが転職成功のカギと言えるでしょう。