インフラエンジニア、転職に必要なスキルとは?求人例と共に解説

  • TOP
  • 転職コラム
  • インフラエンジニア、転職に必要なスキルとは?求人例と共に解説

インフラエンジニア、転職に必要なスキルとは?求人例と共に解説

 ITビジネスの急拡大に伴い、ITエンジニアの需要も大きく拡大しています。ITエンジニアにもさまざまな種類がありますが、そのなかでも近年はインフラエンジニアを目指す人が増加傾向にあるようです。

今回の記事では、ITエンジニアのひとつの職種であるインフラエンジニアの仕事内容や、インフラエンジニアになるための必要なスキルについてみていきます。

 

インフラエンジニアとは・・・

 

インフラエンジニアを説明する上で、まずは「インフラ」という言葉の意味を確認しましょう。

 

「インフラ」の意味

インフラは「インフラストラクチャー」を略した言葉であり、「基盤」「土台」「下支えするもの」といった意味です。ニュースなどで「インフラ設備」という言葉が使われますが、これは私たちの生活を支えているさまざまな基盤施設のことを指しています。例えば、水道、電気、ガス、道路、通信網など、生活や産業の基盤として整備・提供されているものをインフラといいます。

現在、インターネットは私たちの生活でも必要不可欠なものになりました。インターネットの利用にも基盤(ITインフラ)が必要ですが、このITインフラの構築・運用・保守を仕事とするエンジニアをインフラエンジニアと呼びます。

 

インフラエンジニアの役割

インフラエンジニアの主な仕事は、ITインフラの構築・運用・保守などになります。私たちが当たり前のように利用しているインターネットは、ITインフラがなければ使うことができません。ITサービスを24時間稼働させるためにもインフラエンジニアの存在は必要不可欠で、いわばIT業界における「縁の下の力持ち」といえます。

インフラエンジニアの仕事は、サーバー関連とネットワーク関連に分かれており、それぞれを「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」と呼びます。

 

・サーバーエンジニア

WEBサイトの公開、メールの送受信など、ネット上のデータのやり取りと蓄積には必ず「サーバー」が必要になります。このサーバーの運用全般を担うのがサーバーエンジニアです。クライアントの要望に沿ったサーバーの構築、クラウドサービスの開発、システム運用のためのOSやソフトウェアの導入など、その業務範囲は多岐にわたります。

 

・ネットワークエンジニア

ネット上のデータを受け渡すにはネットワーク回線が必要です。ITインフラにおいて、ネットワークの基盤を構築する役割を担うのがネットワークエンジニアです。コンピューターとサーバーをネットワーク機器(ルーターやスイッチ)で接続する、データの送受信を正常に行えるような基盤を構築するなど、ネットワークの運用全般をカバーします。また、ネットワーク構築のための外部機器(ケーブルなど)の取り付けもネットワークエンジニアの仕事です。

 

業種ごとに異なるインフラエンジニアに求められること

 

上述した通り、インフラエンジニアは仕事内容によって呼び方が変わり、さらに業種によって仕事内容や特徴も異なります。ここからは、業種別にインフラ周りの仕事内容とその特徴について見ていきましょう。

 

・SI

SI(システムインテグレーション)は、システムの要件定義・開発・運用を行うのが仕事です。大手のシステム構築企業のSIer(エスアイアー)に勤めるインフラエンジニアの場合、全体のプロジェクトマネジメントを中心とした仕事になるので、実際に現場でシステム構築の作業をすることはほとんどありません。

中小のSIerになると、基本的に大手SIerからの受託案件が多くなります。大手から請け負った案件のシステム構築作業(設計・構築・テスト)、また下流工程であればシステムの運用・保守のみを行うことが多いです。

 

・WEB業界

一般的なWEB系企業でインフラエンジニアとして働く人も多いです。WEB業界におけるインフラエンジニアの主な仕事は、社内システムの管理・運用です。企業によっては、社内システムだけでなく、WEBサイトの管理・運用、セキュリティー業務、ビッグデータの活用業務、デバッグ業務、パソコンの設定など、WEB業界特有の仕事を担当することもあります。

社内で新しいシステムを立ち上げる場合は、基本的に外部のSIerに依頼する企業がほとんどなので、まったく新たにシステムを開発・構築するというケースは稀になります。

 

・ゲーム業界

近年のゲーム業界は、スマホゲームやコンシューマーゲームでオンラインを介した遊び方が増えており、それに伴うサーバーやネットワークの構築が必要になってきています。

ゲーム業界におけるインフラエンジニアは、オンラインゲームで必要となるサーバーやネットワークの構築で力を発揮します。また、それ以外にもゲームデータの管理・保存、課金システムの構築・管理など、ゲーム業界特有の仕事も多く担っているのです。

 

 

実際のインフラエンジニア求人から見える、必要なスキルとは?

 

近年のインフラエンジニアの求人では、応募資格として「実務経験必須」と「エンジニア未経験歓迎」の両方がみられます。

 

実務経験必須の求人例

 

実務経験必須の求人の場合、未経験者とは求められるスキルが異なります。ここでは、その一例をご紹介しましょう。

 

〇必須要件

・Linux系OSやネットワーク(Switching/Routing)などの知識と実践経験1年以上

・IT系・ネットワーク系の認定資格保持者

・インフラエンジニアとしてキャリアアップを目指したい方

・社会人経験(2年以上)

 

〇歓迎要件

・構成管理ツールを使用したことがある方

・アプリケーション・ミドルウェアのチューニング経

 

実務経験必須で求められるスキル

 

上記の求人内容を踏まえ、実務経験必須の求人では以下のようなスキルが求められると推察されます。

 

・サーバーに関する知識とスキル

インフラの設計・運用・管理においては、サーバーおよび機器全般の知識とスキルは必須です。サーバーに用いられるOSとして主流なものとしては、Unix、Linux、Windowsなどがあります。

 

・ネットワークに関する知識とスキル

インフラエンジニアとして働く場合は、サーバーを結びつけるネットワークの知識とスキルが求められます。ネットワークの知識とスキルレベルを証明する資格として、「ネットワークスペシャリスト試験」や「シスコ技術者認定試験(CCNPなど)」があり、これらの資格の有無は、採用、給与に影響することもあるようです。

 

・プログラミングスキル

WEB業界でインフラエンジニアとして働く場合、サーバーやネットワークの運用でプログラミング業務を担当することもあります。WEB系のプログラミング言語はさまざまな種類がありますが、近年人気の言語としてはPython、Ruby、Javaなどです。インフラエンジニアとして仕事の幅を広げたいという人は、WEB系のプログラミング言語を学ぶのもよいでしょう。

 

・セキュリティーの知識

インフラの構築・管理においては、セキュリティー対策は必須です。一般的に、システム管理におけるセキュリティー対策は実務経験豊富なサーバーエンジニアが担当することが多くなります。

 

・クラウドに関する知識とスキル

近年はクラウドサーバーを利用したインフラ構築が主流になりつつあり、それに合わせてクラウドサーバーの運用・管理業務の案件も多くなっています。今後のクラウドサーバーの需要の伸びを考えると、クラウドに関する知識とスキルは積極的に習得した方がよいでしょう。

 

未経験者歓迎の求人例

未経験者歓迎の求人もありますが、「同職種勤務の経験は問わない」というケースと、「IT関連知識の有無を問わない」ケースがあります。ここでは、「同職種勤務の経験は問わない」ケースを見てみましょう。

 

〇必須要件

・独学あるいは学校等でインフラ関連知識を学んだ方

・熱意のある方

 

〇歓迎要件

・サーバーに用いられるOSの要件定義・設計・構築等の実務経験

 

このように、難易度の高い条件は少ないケースがほとんどです。ただし、そのぶん実務経験必須の求人と比較すると給料は下がる傾向にあります

 

なぜエンジニア未経験でも採用されるのか?

 

インフラエンジニアの求人のなかには「未経験歓迎」で募集している企業もあります。なぜ未経験でも採用するのでしょうか。理由は、インフラエンジニアの「研修制度(育成経度)」の導入にあります。

研修制度の内容は企業によってさまざまですが、資格取得を目指した研修制度を行っている企業もあれば、実務経験に近い現場研修で育成を行う企業もあります。研修期間は数週間、長ければ数カ月に及びます。インフラエンジニアとしてまったくの未経験でも、このような研修制度を導入している企業であれば、やる気次第で転職を成功させることもできるでしょう。

 

まとめ

 

インフラエンジニアは「専門的な知識と技術が必要」というイメージを持つ人も多いですが、実際には未経験からでも転職が可能な職種です。近年はITビジネスの拡大を背景に、大規模なインフラ構築の案件が増加しているため、未経験であっても積極的に採用、エンジニアとして育成し、即戦力として確保しようとする動きが強まっています。

「インフラの構築・運用・保守」というのは、私たちがインフラを必要とする限り、半永久的に需要がある仕事です。いわば極めて安定した業界でもあるので、経験者であれ、未経験であれ、インフラエンジニア業界への転職を目指す価値は十分にあるといっていいでしょう。