目指すべきキャリアが見つかる!?現在のエンジニアのキャリアパスを例を用いてご紹介

  • TOP
  • 転職コラム
  • 目指すべきキャリアが見つかる!?現在のエンジニアのキャリアパスを例を用いてご紹介

目指すべきキャリアが見つかる!?現在のエンジニアのキャリアパスを例を用いてご紹介

 

現在エンジニアとして働いている、あるいはエンジニアを目指している方のなかには、エンジニアとしての「キャリアパス」に対して、漠然とした不安を感じている方も多いかもしれません。こうした不安を抱く要因としては、エンジニア職におけるキャリアの多様化が大きく関係しているといえます。

かつてのエンジニアのキャリアは、ある程度パターン化していましたが、現在ではエンジニアとしてのキャリアの選択肢は多様で、どのようなキャリアを選ぶかで収入や働きやすさ、やりがいなどは大きく変化します。今回は、こうしたエンジニアのキャリアパスに関して、従来の一般的なパターンをはじめ、現在選択が可能なパターン、そして具体的な役職などについて見ていきましょう。

 

今回の「エンジニア」とは何を指す?

 

エンジニアという職種は非常に大きな括りであり、実際に携わる業務は業界などによって異なります。したがって、エンジニアという職種について考える際には、さらに細分化できる多種多様な職種が含まれているとイメージするのがよいでしょう。

また、エンジニアという大きな括りに分類できる個々の職種には、それぞれに異なる特性があり、キャリアパスも異なります。したがって、エンジニアのキャリアパスについて考える際には、どのような業務に携わるエンジニアなのかをはっきりさせておかなければなりません。

ここではエンジニアに分類できる数多くの職種のなかでも、「開発エンジニア」に焦点を当て、そのキャリアパスについて解説していきましょう

 

これまでの一般的なエンジニアキャリアパス

 

これまでのエンジニアのキャリアパスとしては、「PG→SE→PL→PM」というものが一般的でした。ここでは、これらの役職の担当範囲や必要なスキル、身につくスキルを見ていきましょう。

 

・PG(プログラマー)

エンジニアはPGとしてキャリアをスタートさせるというのが一般的です。この役職には、設計書に基づいてプログラミングを行うという、エンジニアとしての最も基本的な業務が割り当てられます。

PGの業務では、エンジニアとして働く上で必要な言語スキルを身につけていることが必須となり、業務を行っていくなかでスキルのさらなる強化や、新たな言語を習得することも可能です。また、業務を行いながら、エンジニアの仕事がどのような過程を経て形になっていくのかを知ることができるという点は、この役職のメリットであり、特に駆け出しのエンジニアにとっては重要と言えるでしょう。

 

・SE(システムエンジニア)

SEの仕事は、ヒアリングを通してクライアントの要望を聞き出し、それをシステムの設計に反映させることが挙げられます。この設計を基にPGはプログラミングを行うため、PGと比較すると責任はより重く、その分広い視野でプロジェクト全体を見ることも求められるのです。

また、SEはクライアントの要望だけでなく、予算や期限などを考慮しながら計画を立てる必要があるため、「できること」と「できないこと」を判断する能力も必須となります。そして、その過程でプロジェクトをまとめるための統率力を養うことも可能です。

 

・PL(プロジェクトリーダー)

PLはSEのさらに上流に位置する役職で、複数人のSEが行っている仕事をまとめあげる立場とイメージすると分かりやすいでしょう。また、PLはあくまでも現場の仕事を総括する役職であり、後述するPMに比べると総括する範囲が限定的であるという点で違いがあります。

PLとして働く場合、SEやPGが行っている仕事を俯瞰し、適切な指示を出す能力が求められます。この能力はSEの仕事で養うことのできる統率力に近く、このことからもSEからPLへのキャリアアップを目指すことが理に適っていることは明白です。

また、PLの仕事では、後述するPMの仕事で活かすことのできるプロジェクト全体をまとめるための能力を身につけることもできます。

 

・PM(プロジェクトマネージャー)

PMとはプロジェクト全体をまとめあげる役職のことを指し、主に上述したPLの仕事をまとめあげていくこととなります。PMはプロジェクトの責任者となることから、全体を見渡すための広い視野を持っていることが求められ、また、その能力にさらに磨きをかけることも必要です。

 

PG→PM以外のキャリアパスとは・・・

 

かつてのエンジニア職では上述したPG→PMというキャリアパスが一般的でしたが、現在では選択肢の多様化が進み、必ずしもこのようなキャリアパスを進むエンジニアばかりではなくなってきています。続いては、上述したもの以外に考えられるエンジニアのキャリアパスを、役職ごとに見ていきましょう。

 

・ITコンサルタント

エンジニアのキャリアパスには、プログラミングやそれに付随する業務を行うのではなく、エンジニアとして働いた経験を活かせる職種も加わってきています。ITコンサルタントはその代表的なもののひとつで、主に企業に対して、IT戦略に関するアドバイスや企画の立案などを行います。

ITコンサルタントはエンジニアとして十分な経験を積んでいることが必須となり、経営という観点からITについて考えるために必要なスキルを身につけることもできます。

 

・ITアーキテクト

ITアーキテクトとは、クライアントの要望を実現するためのシステムの環境設計を担う役職です。エンジニアとしての経験が大きな強みとなることから、PGやSEとして働いた経験が十分にあるエンジニアであれば、そのスキルを活かしやすいといえるでしょう。また、クライアントの要望に応えるための柔軟な発想力を身につけることができます。

 

・フリーランス

エンジニアのキャリアパスには、フリーランスとして働くという選択肢もあります。フリーランスのエンジニアとして働く場合、自己管理能力は必須ですが、自身が携わりたい仕事を選びやすいといったメリットもあるのです。また、フリーランスのエンジニアとして働くと、エンジニアとしての自己プロデュース能力を身につけることができ、それによって新たな案件の獲得につながります。

 

・CTO(チーフ・テクニカル・オフィサー)

CTOとは最高技術責任者のことを意味し、企業の経営上層部でプロジェクトのマネージメントを多角的に行います。企業経営に関する幅広い知識も求められるため、エンジニアとして働いただけでは身につけることのできないスキルや知識も必要です。具体的には、マネージメント能力やマーケティングに関するスキルなどが重要です。

 

 

スペシャリスト、ジェネラリストという道も

 

上述したように、エンジニアのキャリアパスは選択肢が非常に多彩なので、どのような方向を目指せばよいか分からなくなってしまう方もいるかもしれません。キャリアパスの方向性に迷った場合、これらの選択肢を「スペシャリスト」と「ジェネラリスト」の2つに分けて考えてみるのがおすすめです。

スペシャリストとは特定の分野を得意とする人のことを指し、エンジニア職においては、通信・データベース・暗号化技術など、特定の分野の開発に長けている人のことを指します。一方、ジェネラリストとは幅広い知識・技術を身につけている人のことを指し、エンジニア職においては特定の業務にとらわれない幅広い業務で活躍できる人が該当します。

エンジニアのキャリアパスでは、これら2つのどちらを選択するかを決めると、自身が目指す方向もまた明確になるでしょう。

 

まとめ

 

現在、エンジニアとして働くことを目標としている方は、エンジニアになった際に自分が何をしたいのかをよく考えておくと、エンジニアとして働き始めてからもキャリアパスを明確にすることができるでしょう。また、すでにエンジニアとして働いている方は、どのような仕事をしているときにやりがいを感じるかをよく考えてみると、キャリアパスも決めやすくなります。

現代は働き方を取り巻く変化が速い時代であるため、キャリアパスを決める際には、そのスピードに対応していくことも重視しなければなりません。決まった道に進むことだけを考えず、柔軟な考え方を心掛けることも大切です。